• INNOVATOR TalKS

    @ ECO ADVENTURE EXPO

    渋谷ヒカリエ8/ エコアドベンチャー展

    公開取材型トークセッション[森林編]

     

    2017年8月20日(日)@渋谷ヒカリエ8/COURT

    渋谷ヒカリエ × INSPIRE

  • いま、社会を変えるイノベーターたちの多くは、ワクワク感のあるアプローチで、人にも環境にも社会にも良い取り組みを展開しています。そんなエコ&ソーシャルな活動の現場最前線とは?今回のテーマは「森林」です。

     

    ゲストには、奈良県川上村を拠点に林業を独創的に発信する林業アーティスト/恋する丸太プロジェクトの鳥居由佳さん、森づくりをベースとしたカーボンオフセットをはじめ国産材の利用促進やグリーンツーリズムなどを展開するmoreTrees事務局長の水谷伸吉さんが登場!

     

    本企画は、渋谷ヒカリエ8/webに掲載する記事作成をメインとした公開取材型のトークセッションです。そのため、通常のセミナーとは異なり、カジュアルな観覧席を少数設けさせていただく仕様となります。ゲストの取り組みに関する取材をそのまま聴くことができるとともに、その場で名刺交換などもできますので、皆様の観覧参加を歓迎いたします。

  • INNOVATOR TALKS

    イノベーターの実践事例とともに、エコ&ソーシャルな取り組みの真髄に迫る!

    鳥居 由佳

    林業アーティスト

    恋する丸太プロジェクト

    1982年生まれ、大阪府出身。大学卒業後、母校の事務職員として勤務しながら、大好きな海のある沖縄の離島に10年通う。「海を守るためにできることは、林業だ!」との閃きにより、2013年「川上村地域おこし協力隊員」となり、奈良県吉野郡川上村に移住。 主に林業振興を担当し、伐採現場を見学するツアーやイベントの企画・運営や、県外でのPRイベントにも多数参加。また、2014年 吉野杉の原木丸太を購入し、Yahoo!ニュースで取り上げられ、その記事はFacebookで2.2万件シェア。 全国での講演活動を含め、積極的にメディアにも出演し、海や山への想いを伝える活動に取り組む。 現在は「川上村地域支援員」として、川上村を拠点に、人が生きていくためにも大切な森や水のことを軸にした情報発信を継続中。

    水谷 伸吉

    一般社団法人モア・トゥリーズ
    事務局長

    1978年東京生まれ。慶応義塾大学経済学部にて環境経済学を専攻後、2000年より㈱クボタに入社、環境プラント部門に従事。2003年よりインドネシアでの植林団体に移り、熱帯雨林の再生に取り組む。2007年に音楽家・坂本龍一氏の呼びかけによる森林保全団体「more trees」の立ち上げに伴い、活動に参画し事務局長に就任。森づくりをベースとしたカーボンオフセットのほか、国産材の利用促進やグリーンツーリズムなども手掛ける。2011年3月11日に発生した震災を受けて、森林・林業からの復興支援プロジェクト「LIFE311」も進行中。

  • PROGRAM

     

    エコソーシャルイノベーターTalks[森林編]

    @エコアドベンチャー展

     

    日程:2017年8月20日(土)13:00〜14:00

    場所:渋谷ヒカリエ8/COURT(アクセス

    参加費:無料

     

     

  • 会場では森林にちなむエコアドベンチャーを体感!

    とり展

    TORITEN

    林業を超絶発信する異次元のアーティスト鳥居由佳の世界。奈良県川上村から渋谷に連れてきた原木の丸太「ピーコ」とともに五感でお楽しみください。この夏、あなたも、とりいのトリコ。

    コドモのあしば

    KODOMO-NO-ASHIBA

    子どもが主体的に自律的に遊べる遊具「コドモのあしば」でお楽しみいただけます。パワープレイス株式会社の若杉浩一氏のデザイン、中尾浩士氏の設計による、地域材を利用したエコアドベンチャー感溢れる遊具です。

  • ENTRY

    本トークセッションには、どなたでもご参加いただけます。

    参加費は無料です。

     

     

     

  • 総監修

    谷中 修吾(地方創生イノベータープラットフォーム INSPIRE 代表理事/総合プロデューサー、環境省グッドライフアワード プロデューサー、BBT大学・BBT大学大学院MBA 准教授)

     

    『池にザリガニを獲りに行ったり、山にクワガタを獲りに行ったり、子どものときに体験した「冒険」のワクワク感は、大人になっても鮮明に覚えています。いま当時を振り返ると、あのライフスタイルには、実は、すごく「エコ」の本質が詰まっていたのではないか……。そんな原点を振り返りつつ、エコアドベンチャー展を描きました。』

    All Posts
    ×